テーマ:膝の痛み

膝関節痛予防になる歩き方

前回に引き続き、日常生活での身体の使い方のコツについてお話いたします。今回は膝関節痛の予防についてです。 膝関節痛予防のポイントになるのが太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋といいます)です。ここの筋力は膝関節の安定性を保つうえで非常に重要な役割を担っており、ここが弱くなると膝がグラグラして半月板や軟骨にもろに負担がかかってしまいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵞足炎について

今回は鵞足炎についてお伝えします。鵞足とは膝の内側のやや下にある部位のことです。ここは太ももにある三つの筋肉が一箇所に集まり膝の骨に付着する部分なのですが、形態的に鵞鳥の足に似ているので、このように呼ばれているのです。 腸脛靭帯炎と同じく長距離ランナーに多くみられるスポーツ障害で、裏ももや内ももの筋疲労を抱えたままランニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腸脛靭帯炎について

今回は腸脛靭帯炎についてお伝えします。これは別名ランナー膝ともいわれ、とくに長距離ランナーの方に多くみられる障害です。症状は膝の外側の痛みです。走っているときやしゃがみ込むときなどにズキッときたら要注意です。 ももの外側には腸脛靭帯という長い靭帯があるのですが、これが膝の骨のでっぱりと摩擦を起こし、炎症が起こってしまうので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャンパー膝について

今回は、バスケットボールやバレーボールの選手に多くみられるジャンパー膝について解説いたします。ジャンプという動作には、膝を瞬間的に伸ばす動作ですが、そのときに主に作用する筋肉がももの前についている大きな筋肉の大腿四頭筋です。大腿四頭筋は膝蓋骨(膝のお皿)と連結しつつスネの骨に付着し、膝伸展機構と呼ばれる構造をつくっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変形していても痛みは軽くなる

膝の痛みがある方で「病院でレントゲンを撮ってもらったら『膝の関節が変形しているから治りません』と言われました」と落ち込まれている方が、しばしばいらっしゃいます。たしかに、このように説明されると「自分の膝の痛みは一生なくならないのか・・・」と、不安になってしまいますよね。 しかし、それはあくまで“関節の変形が治らない”というだけであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かさなくても痛む膝

膝に痛みがある方は、とくに症状が強い時などに動かさなくてもズッキンズッキンとした痛みがでることがあるのではないでしょうか。 これは“安静時痛”といわれるもので、炎症が起こっているときのサインのひとつです。さらに悪化してしまうと、安静時痛とともに患部が熱っぽくなったり、腫れをともなうようになります。 このような症状の場合には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝のスターティングペイン

膝の痛みがある方のなかには「特に歩き(走り)始めがつらい」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。しかしそのような場合でも動いているうちに少しずつ痛みがマシになってきて、5~10分程度でさほど気にならなくなるのではないでしょうか。 このような症状は膝関節内の血行不良が原因であると考えられます。動き始めて間もない状態は筋肉も関節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みセルフチェック

今回からしばらく膝の痛みについてお話していきたいと思います。まずは膝の痛みのセルフチェックからお伝えします。 ①脚を肩幅にひらき、膝をゆっくりと曲げてしゃがみ込んでみてください。 膝に痛みやひっかかるような違和感はでないでしょうか?膝関節の障害でもっとも最初に自覚することが多いのは膝をいっぱいまで曲げたときの痛みや違…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャンパー膝

今回から、ランナー以外のスポーツ傷害についても お伝えしていきたいと思います。 今回は、バスケットボールやバレーボールの選手に 多くみられるジャンパー膝という傷害です。 ジャンプという動作には、 膝を瞬間的に伸ばすことが要求されますが、 そのときに主に作用する筋肉が、 ももの前についている大きな筋肉の大腿四頭筋です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランナーの膝② 鵞足炎

多少は涼しくなってきたかと思いきや、 ここ数日の残暑はなかなか厳しいですね。 今回はランナーの脚②ということで、鵞足炎についてお伝えします。 前回の腸脛靭帯炎は膝の外側の痛みでしたが、 鵞足炎は膝の内側の痛みです。 膝内側のやや下の部分に、 解剖学的に鵞足と呼ばれる部分があります。 ここは、太ももの三つの筋…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ランナーの脚① 腸脛靭帯炎

連日の猛暑も過ぎ、多少は涼しくなってきましたね。 秋が近づいてくるにつれ、スポーツもしやすくなっていくのではないでしょうか。 そこで、今回からしばらくランナーの脚の障害についてお伝えしていきます。 まず一回目は、膝の外側の痛みで代表的な腸脛靭帯炎についてです。 特に長距離ランナーに多い障害です。 症状は、膝の外…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みと太ももの筋力

中高年の方の膝の痛みの原因のひとつに太ももの筋力低下があげられます。筋力が弱くなると、なぜ膝に痛みがでるのでしょうか? 膝関節の曲げ伸ばしは、主に太腿の筋肉をつかって行っており、また膝関節がグラグラしないために、太ももの筋肉は常に膝を支えているのです。 (他にも十字靭帯、側副靭帯など、多くの組織ががんばってくれています。) …
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みが腰や股関節に与える影響

膝に痛みを感じてらっしゃる方で、膝に続いて腰や股関節にまで痛みがでてきたという経験はありませんか? 痛いところを抱えながら生活していると、そこをかばいながら一挙一動しなくてはならないので、他の部分にまで負担がかかるようになってしまいます。 膝と腰、膝と股関節などは多く見られるセットで、医学的にもknee-spine症候群(膝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨が変形しても痛みは良くなる

最近、膝の痛みを訴える患者さんから、「病院で骨が変形しているから治らないと言われた・・・。本当ですか?」という質問をよくいただきます。お医者さんからこのような説明を受けると、「自分の膝の痛みは一生治らないのか・・・」と、落ち込んでしまいますよね。 しかし、それは誤解です。 膝の痛みが一生良くならないというわけではないのです。…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

歩き始めの膝の痛み

膝の痛みにお悩みの方で、特に歩き始めがつらいという方がいらっしゃるかと思います。しかし、そのような場合でも歩いているうちに少しずつ痛みが和らぎ、数分~十数分ほどで、さほど気にならなくなるのではないでしょうか。 このような現象は、血行不良が原因であると考えられます。歩き始めて間もない状態では、筋肉も関節もまだ充分に暖まっていないため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝、肩などの関節がジッとしていてもズキズキ痛むとき

膝や肩など、関節の痛みをお持ちの方で、動かしていない時にまで『ズッキンズッキン』とした痛みがでるようなことはありませんか? これは『安静時痛』、『自発痛』などといわれるもので、炎症症状のひとつです。 痛みとともに、患部が暖かかったり、腫れていれば、ほぼ間違いないと思います。 関節痛の原因は、関節の炎症の場合が多いの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アイシングのやり方

この度、ブログのタイトルを変更しましたが、内容はこれまでと同じく、腰痛、肩こり、関節痛などを感じている方に、疾患に関する知識やセルフケアの方法を発信していきますのでよろしくお願いします。 【アイシングのやり方】 今回は、アイシングのやり方についてお話します。 足首の捻挫やギックリ腰など、急性の痛みは暖めずに冷やした方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more