テーマ:肘、手の痛み

関節リウマチによる指の痛み

関節リウマチとは自己免疫疾患のひとつで手足の節々に関節炎が起こる疾患です。30~50代の女性に多くおこります。 その初期症状として、指先から2~3番目の関節に痛みや腫れなどの炎症症状がでてくることが多いのです。また特徴的な症状として、痛みがでている指が朝起きてしばらくの間、こわばったように動かしにくくなるというのがあります。このよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばね指について

前回の腱鞘炎に続いて、今回はばね指についてお伝えします。ばね指は指の曲げ伸ばしの際に「カックン」とした音が鳴る現象で弾発指ともいいます。指を動かしている筋肉の付け根である腱は腱鞘という筒状の組織に包まれているのですが、炎症が起こっている部位が腫れてコブができてしまうと、腱が腱鞘の中を通過する際に引っかかってしまい、音がなるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手の腱鞘炎について

手作業中心の職人さんや事務仕事の方は、手や指に力を入れると痛みが走る腱鞘炎になる方が多いと思われます。指を動かす筋肉は前腕にあり、それが指先までつながっています。筋肉の付け根を腱、腱の周囲を覆っているのが腱鞘です。仕事などで同じ動作を繰り返し行うことで腱と腱鞘の間に摩擦が起こり、それが一定のダメージを超えると炎症が起こるというわけです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)について

今回から、肘と手の障害についてお伝えしていきます。まずはテニス肘について解説いたします。 テニス肘とは、テニスによって痛めた肘の痛みの総称です。なかでも起こりやすいのが、肘の外側の痛みです。これは、バックハンドショットを多用することで、肘の外側にある筋肉の付け根に炎症が起こるもので、別名『上腕骨外側上顆炎』とも言われます。テニスを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腕の筋疲労

前回まで神経へのダメージが原因のシビレについてお話しましたが、人によっては腕の筋肉疲労をシビレと感じる方もいらっしゃいますので、今回はそれについて解説します。 神経性のシビレは正座の後の足のシビレのように「ピリピリ」した感覚なのですが、筋性のシビレは鈍く重だるい感覚が持続するような感じです。手がつりそうになることもあるかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テニス肘

今回は、テニスをやっている方に多いテニス肘です。 テニス肘とは、テニスによって痛めた肘の痛みの総称ですが、 なかでも起こりやすいのが、肘の外側の痛みです。 これは、バックハンドショットを多用することで、 肘の外側にある筋肉の付け根に炎症が起こり、 発症するのです。 症状としては、 ボールを打つ瞬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more