テーマ:スポーツ傷害

身体は各部分で連動している

「手首を傷めるってことは、フォームに無理があるんだと思います。工夫してみます」ゴルフをやっていて手首を傷められた患者さんがこのようなことをおっしゃっていました。 とてもクレバーな見解だと思います。この方のおっしゃる通りで、スポーツの動作で身体を傷める場合には、往々にして傷めた局所を使いすぎているケースが多いのです。これは言いかえれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケガからの復帰における注意点 その2

前回はランナーが足の障害から復帰する際の運動強度の調節についてお伝えしました。今回は運動の内容について回復段階別にお伝えします。 ①軽い運動 運動を再開するタイミングですが、少なくとも安静時に痛みがあるうちは、まだ無理をしない方がよいでしょう。それがおさまってきたら少しずつウォーキングから再開してみてください。それで痛みが再燃し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケガからの復帰における注意点 その1

ケガなどでスポーツや運動を一時的に中断することがあるかと思いますが、今回はそこから復帰する際の注意点についてお伝えしたいと思います。 原則としては軽い運動から再開し、徐々に運動強度をあげていくことです。そして注意する点は、いざ運動を再開してみて全く痛みがぶり返さなくても、そのまま運動強度を急に上げ過ぎないことです。 ランニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥骨結合炎について

恥骨とは骨盤の一部の骨で下腹部と陰部の境目にある骨です。触ってみるとご自分でも骨があるのが解るかと思います。恥骨には内ももにある内転筋が付着しているのですが、この部分に炎症が起こった状態が恥骨結合炎です。 普通の生活をしているだけではここを痛めることはほとんどありませんが、サッカーなど足をよく使うスポーツをやられている方にしばしば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハムストリング付着部炎について

これはお尻に痛みがでるスポーツ障害です。 ハムストリングとは裏ももの筋肉のことで、この筋肉はお尻(坐骨)から膝の裏(脛骨および腓骨)にかけて付着しています。 陸上の長距離走や中距離走をやられている方などで、ハムストリングに疲労が溜まるとお尻の付着部に負担がかかり、炎症が起こってしまうケースがあるのです。 症状は走り始めてから身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モートン病について

モートン病は足の中指や薬指にシビレがでる疾患です。原因は足の甲を構成している中足骨によって神経が圧迫されてしまうことです。構造上、中指と薬指の間には力がかかりやすく、そのスキマを通っている神経が締め付けられてしまうのです。 締め付けられている期間が長いほど、神経のダメージは大きくなってしまいますので、足の中指、薬指にピリピ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

足底筋膜炎について

足の裏にはいくつもの筋肉があり、その筋肉を覆っている膜を足底筋膜といいます。足底筋膜炎は長距離のランニングなどで足底筋膜に度重なるストレスがかかり、炎症を起こした状態です。痛みがでる場所は、かかと、土踏まず、指の付け根などケースにより異なります。 偏平足などで足部のアーチが低くなっている方は足底筋膜炎が起こりやすくなります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンスプリントについて

今回はシンスプリントについてお伝えします。あまり聞きなれない単語かと思いますが、長距離走などでしばしばみられる足のスポーツ障害です。足首を動かす筋肉はスネの骨の裏側に付着しているのですが、過剰な負荷によってその付け根部分に炎症が起こった状態がシンスプリントです。 痛みがでる部位は、図に示したようにスネの内側下1/3のあたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキレス腱炎について

アキレス腱の場所は皆さんご存知かと思いますが、ここはふくらはぎの筋肉が束になってかかとに付着している部位です。ふくらはぎの筋肉に疲労が溜まり固くなると、付け根であるアキレス腱により大きな負担がかかり炎症が起こってしまうのです。 長距離ランナーの方に起こりやすい障害で、症状としては初期では走り初めに痛みを感じ、身体が暖まってくるにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵞足炎について

今回は鵞足炎についてお伝えします。鵞足とは膝の内側のやや下にある部位のことです。ここは太ももにある三つの筋肉が一箇所に集まり膝の骨に付着する部分なのですが、形態的に鵞鳥の足に似ているので、このように呼ばれているのです。 腸脛靭帯炎と同じく長距離ランナーに多くみられるスポーツ障害で、裏ももや内ももの筋疲労を抱えたままランニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腸脛靭帯炎について

今回は腸脛靭帯炎についてお伝えします。これは別名ランナー膝ともいわれ、とくに長距離ランナーの方に多くみられる障害です。症状は膝の外側の痛みです。走っているときやしゃがみ込むときなどにズキッときたら要注意です。 ももの外側には腸脛靭帯という長い靭帯があるのですが、これが膝の骨のでっぱりと摩擦を起こし、炎症が起こってしまうので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャンパー膝について

今回は、バスケットボールやバレーボールの選手に多くみられるジャンパー膝について解説いたします。ジャンプという動作には、膝を瞬間的に伸ばす動作ですが、そのときに主に作用する筋肉がももの前についている大きな筋肉の大腿四頭筋です。大腿四頭筋は膝蓋骨(膝のお皿)と連結しつつスネの骨に付着し、膝伸展機構と呼ばれる構造をつくっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉離れについて

肉離れとは筋肉が断裂してしまった状態のことをいいます。筋肉は伸び縮みする筋線維の束でできていますが、疲労が溜まっていたり硬くなっていると、自らの収縮力によって筋線維が切れてしまうのです。 損傷した瞬間は「ブチッ」という音を感じることがあります。肉離れを起こす部位はもも、ふくらはぎなどが多いです。ダッシュ、ジャンプ、キックなど突発的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ傷害セルフチェックポイント

今回からスポーツ障害についてお伝えしていきます。まずはセルフチェックポイントについてです。スポーツ障害は似たような症状であっても種目や競技レベルによって必要な対処法が異なってきますが、以下はスポーツ障害全般に共通して言えることなのでご参考になるかと思います。 1.下記に当てはまる方は、疲労やダメージが蓄積されつつあると考えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足の中指、薬指のシビレ モートン病(Morton神経腫)

今回はモートン病についてお話します。 これは、足の中指や薬指にシビレがでる傷害です。 頻繁に起こる障害ではありませんが、 中距離、長距離ランナーの方にまれに起こります。 原因は、足の甲を構成している中足骨によって、 神経が圧迫されてしまうことです。 構造上、中指と薬指の間には力がかかりやすく、 それらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足関節捻挫

今回は足関節捻挫についてお話します。 サッカー、フットサルなどプレーヤー同士の接触の多いスポーツ、 バレーボール、バスケットボールでのジャンプ着地などで、 足首を内側にひねってしまうケースが多いです。 日常生活上では、 ハイヒールを履いている女性に起こりやすいです。 踵が高いと、足首が内側にねじれやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎椎間板ヘルニア

今回は、腰椎椎間板ヘルニアについてお伝えします。 病名としては有名なので、 皆さんも聞いたことはあるかもしれませんが、 改めて正しく把握していただこうかと思いました。 ヘルニア(hernia)とはラテン語で、 『組織が、本来あるべき場所から逸脱してしまった状態』 のことをいいます。 椎間板ヘルニアは…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

野球肩

今回はボールを投げるときに肩に痛みがでる野球肩です。 野球肩は文字通り、野球での投球動作の繰り返しにより、 肩関節に損傷がおこった状態をいいます。 患者さんのなかには、 『学生時代に野球をやっていて当時は肩はなんともなかったのに、 社会人になって草野球を続けているうちに痛むようになってきた』 という方がけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テニス肘

今回は、テニスをやっている方に多いテニス肘です。 テニス肘とは、テニスによって痛めた肘の痛みの総称ですが、 なかでも起こりやすいのが、肘の外側の痛みです。 これは、バックハンドショットを多用することで、 肘の外側にある筋肉の付け根に炎症が起こり、 発症するのです。 症状としては、 ボールを打つ瞬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジャンパー膝

今回から、ランナー以外のスポーツ傷害についても お伝えしていきたいと思います。 今回は、バスケットボールやバレーボールの選手に 多くみられるジャンパー膝という傷害です。 ジャンプという動作には、 膝を瞬間的に伸ばすことが要求されますが、 そのときに主に作用する筋肉が、 ももの前についている大きな筋肉の大腿四頭筋です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランナーの脚⑥ 肉離れ

今回は肉離れについてお伝えします。 筋肉は、伸び縮みする筋線維の束でできていますが、 その収縮力に筋線維自体が耐え切れなくなり、 切れてしまった状態を肉離れをいいます。 損傷した瞬間は、 自身でも「ブチッ」という音(感覚)を感じます。 人によっては「叩かれた感じ」「ボールが当たった感じ」 ということもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランナーの脚⑤ 足底筋膜炎

今回は足の裏の痛み、 足底筋膜炎についてお伝えします。 足の裏にも、いくつもの筋肉があり、 その筋肉を覆っているのが足底筋膜です。 長距離のランニングなどで、 足底に度重なる衝撃が加わることで、 足底筋膜に炎症が生じるケースがあるのです。 痛みがでる場所は、かかと、土踏まず、指の付け根な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ランナーの脚④ シンスプリント

今回はランナーの脚4ということで、 シンスプリントについてお話します。 あまり聞きなれない名前かもしれませんが、 様々な競技でしばしばみられる疾患です。 これはどのような状態かというと、 足首を動かす筋肉はスネの骨の裏側に付着しているのですが、 練習のやりすぎで、足首に負担がかかりすぎると、 筋肉の付け根であるスネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ランナーの脚③ アキレス腱炎

9月中の厳しい残暑がウソのように、 一気に秋が深まってきましたね。 ジョギングにはちょうどいい陽気です。 今回はアキレス腱炎についてお伝えします。 アキレス腱は、ふくらはぎの三つの筋肉が束になってかかとに付着する場所です。 ふくらはぎの疲労により筋肉がかたくなると、 付け根であるアキレス腱に負担がかかり、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ランナーの膝② 鵞足炎

多少は涼しくなってきたかと思いきや、 ここ数日の残暑はなかなか厳しいですね。 今回はランナーの脚②ということで、鵞足炎についてお伝えします。 前回の腸脛靭帯炎は膝の外側の痛みでしたが、 鵞足炎は膝の内側の痛みです。 膝内側のやや下の部分に、 解剖学的に鵞足と呼ばれる部分があります。 ここは、太ももの三つの筋…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ランナーの脚① 腸脛靭帯炎

連日の猛暑も過ぎ、多少は涼しくなってきましたね。 秋が近づいてくるにつれ、スポーツもしやすくなっていくのではないでしょうか。 そこで、今回からしばらくランナーの脚の障害についてお伝えしていきます。 まず一回目は、膝の外側の痛みで代表的な腸脛靭帯炎についてです。 特に長距離ランナーに多い障害です。 症状は、膝の外…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more